吉田英雄オフィシャルウェブサイト >
表紙 更新情報

連絡方法など

twitter @ YoshidaHideoWEB
Web用


デジタル一眼で撮影 4:3

 デジタル一眼写真は、
 表紙ページ YoshidaHideo.com
 新着情報からどうぞ →


デジタル写真 4:3

デジカメで撮影

2000.03.14更新

携帯電話で撮影

2005.06.29更新

2006.12.04更新

2013.03.12更新

2013.02.04更新

2017.03.23更新

スマートフォンで撮影

2017.03.24更新

ドコモ P-05D @ Disney Mobile

2016.05.24更新

2017.03.31更新

銀塩写真(フィルムカメラ) 3:2
一眼レフ購入以前
2001.11.19更新

2001.05.30更新

EOS3000・EOS7で撮影

2005.03.01更新

2005.01.26更新

2004.11.30更新

EOS3000・EOS7で撮影 より抜粋

更新

更新

2002.02.11更新

鉄道ページ
2013.01.30更新

2014.02.28更新

2006.10.05更新

2001.03.16更新

2001.11.20更新


鉄道模型/レイアウト制作記録

制作記録1(8台め)
2008.07.10更新終了

制作記録2(9台め)
2011.07.10更新終了

制作記録3(10台め)その3
2017.05.09更新
制作記録3(10台め)その2
制作記録3(10台め)その1
2013.10.08更新

制作記録4(11台め)
2014.08.30更新


レイアウト4
1993.04.09【終了】

2001.06.13更新

電柱鉄塔自転車バス


2011.06.16更新

2001.07.30更新

2003.07.01更新

走行記録


2011.06.12更新

2005.06.29更新

2011.03.29更新

2004.08.17更新

2004.06.01更新

2004.06.13更新

 
鉄道新線/延伸構想・改良案 > 富士急行線身延延伸案
2001.12.04作成



富士急に初めて乗った日(1999年06月21日)に考えた案です。
最初は精進湖を西に直進し、身延線市ノ瀬駅を目指す案だったのですが、
地図で調べてみたら勾配の関係で無理なようなので、身延に変更しました。

河口湖駅から西に延ばし、適当なあたりで国道139号線に這わせます。

鳴沢駅は鳴沢村役場付近。ここまで緩い上り坂。
氷穴・風穴は離れているのでそれぞれ設置。

風穴を過ぎると本栖湖駅まで下り坂。
本栖湖駅から真っ直ぐ南へ26kmで身延線富士宮駅に着きますが、今回は図にしませんでした。

今回のは身延駅に向かう案です。
本栖湖駅から先は一直線の、長いトンネル区間(下り坂)になります。

本栖湖駅の標高が約920m、身延駅の標高が約260mなので、その標高差を660mとします。
身延線との合流地点(塩之沢駅〜身延駅間)から本栖湖付近までの距離が約16.5kmなので、
勾配は660/16500で、40.00‰となります。

参考値

 40‰:16.50km・・本案
 35‰:18.86km
 30‰:22.00km
 25‰:26.40km
 20‰:33.00km

仕様:
 全線高架・トンネル・掘割
 踏切無し
 河口湖駅−本栖湖駅間: 複線化準備。
 本栖湖駅〜富士宮駅方面: 延伸準備。
 本栖湖駅−身延駅間: 単線トンネル

https://YoshidaHideo.com [jp]
吉田英雄オフィシャルウェブサイト Yoshida Hideo Official WebSite
平成9年7月16日開設 Since July 16, 1997
Copyright 吉田英雄(Yoshida Hideo)
無断再使用禁止 許諾申請pc@YoshidaHideo.com受付